topimg.jpg
2011年春休み高校生向け アメリカで高校生になってみよう! 2011年春休み短期留学はこちら! 2010年の留学レポートはこちら!

2010年11月06日

keep looking until you find it. Don't settle.

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表で日米異文化コンサルタントの八巻ルリ子です。

今日のトピックは「keep looking until you find it. Don't settle.」です。

この文言は米アップル社社長のジョブ氏が2005年スタンフォード大の卒業式でのスピーチの一部です。

このスピーチは3つのセクションに別れておりジョブ氏が人生から学んだことを生まれたときから2005年までを振り返り述べています。

まずはこちらのジョブ氏のスピーチをご覧下さい。15分ぐらいです。



今日のレッスンにてこのスピーチを久しぶりに今日見ました。

アメリカ学部留学を目指す高1のAちゃんのレッスンでみました。
彼女、担当講師のクリスと私の三人で見たのですがAちゃん反応は興味深いものでした。

高1のAちゃんが一番印象深かったと思ったことろは2つめにジョブス氏が語った
「Love and Lost」の内容です。ここでジョブス氏は「仕事も恋愛も共に大変大切なもので妥協して選んではいけない。最高の出会いがあるまで探しつづけなければいけない」と言って
います。

ラブと聞くと恋愛だけしか思いつかない。仕事にもラブと使うんだと思った。と、Aちゃん。

クリスと私は、「そうだよ!探し続けることが大切なんだよ。ステーブが言っているように
何日も何日も朝起きて自分の人生が何か変と思ったら自分で変えなければ行けないんだよ。」と言いました。

日本でも世界中でもほとんどの大人たちはジョブス氏のように生きてはいない。愛する職業につくなんて考えない人も多い。仕事は収入のためだけと惰性で働いている人たちも多い。

そしてたとえ自分の好きなものを探せても素質のない人や途中で諦めてしまう人はそこまで。
仕事って考えてみれば非情な世界だよね。それとは反対にいくら才能がっても時間と場所が
悪ければ大きなブレークはないわけで。

クリス自身も大学4年生。卒論も提出している。
現在大学を休学中で来年の9月〜12月に戻りあと1学期学校に行けば卒業。

彼も今までいろいろなことに挑戦してきた。妥協せず探し続けてきた。
アメリカンスクールや彼の母校の横浜インターナショナルスクール等の家庭教師から海外大学進学のサポート、金融機関、大使館、教育、ITコンサルテイング会社向けの和英翻訳、モルガンスタンレーでの夏休みインターン、米大手映画会社Warner Studios関連の翻訳修正(オーシャンズ13、The Good Germanなど)そしてチェロ奏者としても活躍してきた。チェロを愛しているから音楽院のあるイエール大学に進学を決めた。自分の持てる力の限り精一杯生きてきた。

本当に繊細で一人ひとりの生徒さんの能力に合わせレッスンを進めるすばらしい先生だ。
それだけではなく生徒さん一人ひとりの一言一言に耳を傾けどんなことに彼は彼女は興味を
持っているのだろかと常に気を配っている。

私が高校生だったら絶対にクリスに教わりたいと思う!

ジョブスの話しに戻りますー

ある意味ジョブス氏が育ったクパチーノ自体がシリコンバレーに位置し起業家精神が生まれやすい土壌ではあったのだけれど。(私も5年間クパチーノに住んでいましたよ!イングリッシュビタミンのシリコンバレー校に学ぶ2人の生徒さんがジョブスの母校、クパチーノハイで学んでいますー)

シリコンバレーにはスタンフォード大やジョブス氏とアップルを設立したもうひとりのステーブ、ボズニアックが学んだUCバークリー(UCのトップに君臨する)が向こう側のイーストベイにあったり、1960年代から半導体のフェアチャイルド社、インターネットのケーブル、イーサーネットを開発したゼロックス研究所やHP(ヒューレットパッカード社)などがどんどん新しい技術を生まれていくのを見ていた投資家や法律家たちがシリコンバレーに移住してきたのだ。

世界中の頭脳が集まり、世界中の資金があつまり、世界有数のスタンフォードとUCバークリーがあり、年間を通して晴れの日が多く過ごしやすく、30分ドライブすれば森林浴やハイキングに行けて、都会のサンフランシスコまでも40分くらのドライブで行ける。本当にシリコンバレーは最高の条件が整っている街。

シリコンバレーが出来たのは60年代。それまでは果樹園がたくさんあった農園地域でした。

Keep looking and don't settle. You've got to find what you love. And that is as true for your work as it is for your lovers. Your work is going to fill a large part of your life, and the only way to be truly satisfied is to do what you believe is great work. And the only way to do great work is to love what you do. If you haven't found it yet, keep looking. Don't settle. As with all matters of the heart, you'll know when you find it. And, like any great relationship, it just gets better and better as the years roll on. So keep looking until you find it. Don't settle.

~Steve Jobs' Commencement of Stanford 2005~

2010年11月04日

何でも自分で出来なければアメリカ留学なんてやめたほうがいい!

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表で日米異文化コンサルタントの
八巻ルリ子です。

今日のトピックは「何でも自分で出来なければ留学なんてやめたほうがいい!」です。

私の回りにはうちの生徒さんをはじめ友人知人の子供たち数名がアメリカ留学を考えています。

いろいろなお話をするのですが最後にいつも私がご両親そして若い中高生に話すのは
高校三年生までに何でも自分で考えて行動できなければ海外留学なんてやめたほうが良いということです。

このような厳しいことをなぜ私が言うかと言うとアメリカの大学生は基本個人行動で
自分で時間管理をしスケジュールをたて超ハードな勉強、クラブ活動、社会奉仕活動、
遊ぶための時間をやりくりして学校生活を送っています。

なんでもかんでもルリコ子さんこれはどうしたらいいのでうか?とかこの学校はどういう学校なのですか?と聞いてはいけない。聞く前にまずは自分でその学校のホームページに行き全部読んでみて欲しい。単語が分からなければ調べればいい。そして分からなければレッスンで先生や私に確認をすればいいのだと思います。

もちろん全部英語だし分からないところもある。でも自分で何でも調べる癖を高校生なら今からつけなければいけないと私は思う。分からなければレッスンで先生や私に確認をすればいいのだと思います。

イングリッシュビタミンが目指すのは自立した日本の高校生を育てアメリカの大学に送り込むことです。入学したその時点から一人で行動が取れる自立した学生さんです。

他の日本の英語学校は甘やかすかもしれませんがうちでは厳しく育てています。
たっぷりの愛情を持って。英語(特に英文でのエッセイ、論文)そしてアメリカの精神、価値観、文化習慣も体験してもらっています。

自分で予定をたてそれに沿った行動を起こせる人でなければアメリカ社会のメインストリームに入っていけない。

そうするとどうなるかというと日本人生徒ばかりでかたまるか、外国人留学生とつるんで
おとなしくしているかになる。

そしてアメリカという国で学んでいるのにアメリカ社会の神髄を学ぶことなく卒業することに
なってしまう。こんな残念は話しはないと思う。

外国人留学生も優秀であればあるほどアメリカ社会にとけ込むどん欲さを持っている。そして自分の国のアイデンティティーをキープしながらアメリカの精神、価値観、そして文化習慣を自分のものにして自分自身の付加価値を高めていく。

つまり母国用の顔と英語用の顔を使い分けることができる人間になっていくわけ。

分かりやすく話すと日本人の私たちは日本人のモードとアメリカ人のモードを持ち
使い分ける。

日本語を話すときには日本人の価値観、精神論、文化習慣で話を進める。
英語を話すときにはアメリカ人の価値観、精神論、文化習慣で話を進める。

アメリカに留学中でもこのことを理解しない日本人学生の多いこと!

アメリカの価値観、精神論、文化習慣を身につけていないからおかしなことにもなる。

アメリカのエリート学生たちは「元気に気持ちよく正々堂々と競争することはすばらしいことだ!」と思っている。仮面だけのアメリカ文化しか身につけていない日本人学生にはこのアメリカの精神は理解できる。でも自分は同じ行動が取れずその競争の中には入り込めない。

そして結局はアメリカ企業の面接もうまくいかない。
そして日本企業の面接もうまくいかない。

アメリカの企業も日本の企業もそれぞれの企業文化がある。
アメリカではポジションをベースに採用する。
日本では会社員として採用しそこから育てる。

せっかく日本で生まれ育った日本人なのに日本に戻り就職するときには仮面アメリカ人の
感覚で面接を受け日本人に嫌われてしまう。

本当に残念でならない。

私は日本を愛している。
そして日本人の子供たちに幸せになって欲しいと心から願っている。

今の日本の大学に日本やグローバル企業が求めているグローバル人材を育成することは
できない。理由は簡単。日本の大学には多種多様な国籍の生徒がいない。多様性がないし
日本人だけで行われている授業では多様な意見や議論が広がらない。

そんな世界では議論が限られてしまうから新しい発想もでない。新しい発想がでなければ新しい企業やイノベーションも出てこない。たとえ若い人が新しい技術を生み出してもそれを世界につなげることができるダイナミックな大人たちがいない感じがする。

そして日米のクラスサイズだけれど日本の名門私立大学の文系1クラスにしめる生徒数は約40名と大所帯。それに比べるとアメリカの名門校の1クラスにしめる生徒数は15名くらいまで。

論文と参加型授業(デスカッションベース)そしてテストで成績が決まるアメリカの名門校。
講師たちも生徒の数が少ないからしっかりと一人ひとりの論文を読み批判するし評価もする。参加型授業で意見を述べない生徒は評価されない。だから怠けられない。

社会、経済がグローバル化した今、日本のこどもたちはアメリカやイギリスなどの名門大学への進学を目指すべきであると思う。そしてそこに集う世界のエリートと健全な競争をし友情を育む方が守り身で生きている日本の大学で学ぶより絶対に得策なのである。

高校を卒業して海外に出るまでにある程度自立をしていないといけない。
両親、先生、そして私は一緒に留学できないのだから。

2010年10月19日

日本や日本の学校とは全然違うんだ。。。 高校生のうちにぜひ感じ取ってもらいたい! アメリカ名門プレップスクール短期留学のご案内

みなさん、こんにちは!

今回のトピックは「日本や日本の学校と全然違うのでたいへんだ。」です。

アメリカ大学学部留学を目指す明子ちゃんが先月カリフォルニア
州にある名門私立高校に10日間の留学をしました。

現地では11年生のケリーが彼女のバデイになり彼女の時間割に
あわせ明子ちゃんはクラスを移動しました。

ケリーは アメリカの歴史、生物学、英文学、数学、アート、上級日本語のクラスを取っています。そのほかには自分の好きなことができるフリータイムという時間が週に数時間あります。この時間は取っている科目の先生に個別にアポを取り質問や相談などもできます。

今回明子ちゃんはアメリカの歴史、数学、アートのクラスをケリーと受講してきました。生物学のコマのときは同高校の上級生ですでにそのアメリカの歴史クラスを昨年取った生徒さんに歴史クラスの
復習や予習の手伝いをしてもらい英文学や日本語のクラスのときにはイングリッシュビタミンの先生が英語のレッスンを提供しました。

同高校で今回明子ちゃんの様子を見守っていた日本語の阪本先生がこんなことを言っていました。

あきこちゃんの言葉で印象に残ったのは、
『日本や日本の学校と全然違うのでたいへんだ。』と言う言葉でした。詳しくは彼女にきいいて下さい。かなりのカルシャーショックを受けたんだと思います。このカルチャーの違いを感じられたのはやはり多感期の高校生にとっていい経験だったと思います。青木くんのようにそれを感じなかったというのは、そういう感覚を彼の環境の中でデヴェロップされなかったのでしょう。(それにカリフォルニア幼少時代にいたということもありますが。。)いつも、自分の気持を押し込めているのかもしれません。

年を取るごとに物事に鈍感になっていき、感じなくなったり見えなくなったりしていきます。多感期である高校生時代は貴重です。阪本

sakamoto_ruriko.jpg
(左)阪本先生、(右)八巻@メンロー

ちなみに明子ちゃんは高校1年生です。
日常会話はこなせます。
英語検定も2級に合格しています。
お勉強もとてもできる子です。
なので日本国内のみで考えたら本当に英語のエリートなのです。
本人もその気でした。
高校も名門の私立校に通っています。

「自分は英語ができる。自分の力を試しに行きたい!」と今回は武者修行に出かけたのです。

イングリッシュビタミンでは高校生を対象に年間を通してアメリカ名門プレップスクール短期個別留学をお薦めしています。

(この際にはお子さんの英語力や異文化対応能力を確認した上、
事前や帰国後研修を受けることを条件にお引き受けしています。
10日間程度の留学の期間も含めて2〜3ヶ月のスパンの時間の投資が必要となります。参考資料として今年度の春休み短期留学時の事前研修のレポートをご覧下さい。www.englishvitamin.com/abroad2010/report/jizen.html


knight32.jpg

knight33.jpg

knight42.jpg
〜2010年度イングリッシュビタミン主催春休み短期留学より〜

高校生のみなさんそしてご両親は高校の間に一年交換留学を希望したりなかには大学はアメリカの名門大学志望する生徒さんもいます。

そのときに日本国内だけでテストテイキングの勉強を教えるトーフルゼミナールなどの留学予備校にいてはアメリカの名門大学の
校風など見えもしません。

アメリカの名門大学に進学を希望するかたはぜひ一度アメリカの名門私立高校や寄宿学校などを見学しどんなタイプの学生がアメリカの名門大学に進学できるのか。また一人ひとりの未来を切り開くために自分に合った学校を選別しているか親子で学ぶべきです。

ご相談は私と弊社イングリッシュビタミン社の最高業務責任者でありアメリカ名門大学進学プレップリードインストラクターのクリストファーが直接お話させて頂きます。

クリストファーは日英の完全なるバイリンガル、バイカルチャルでアメリカのアイビーリーグトップ3のィエール大学4年生です。
哲学と政治学をダブル専攻してきています。

初回の相談は無料ですのでご安心してお問い合わせ下さいませ。

イングリッシュビタミン(株)
浦和事務局
048−824-6552
担当:八巻ルリ子

English Vitamin Silicon Valley, LLC
1821 S. Bascom Ave., #197 Campbell, CA 95008
English Vitamin, Inc
東京都渋谷区神宮前2-2-22 青山熊野神社ビル5F
埼玉県さいたま市浦和区常盤2-2-11-902
TEL&FAX: 048-824-6552 / E-mail: info@englishvitamin.com




2010年10月08日

アメリカの大学を目指すなら、TOEFL, SAT, application essay だけ準備し 入学すれば良いというものではない!

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表で異文化コンサルタントの八巻ルリ子です。

今日のトピックは「アメリカの大学を目指すなら、TOEFL, SAT, application essay だけ準備し入学すれば良いというものではない!」です。

じゃ、その他に何を学べばいいの?と聞かれれば以下の7つです。
そしてこれらの7つは経済、社会、金融、政治などグローバル化された現代社会で生きるホワイトカラーには必要なスキルです。

まあ、今の時代、アメリカの大学に行こうが日本の大学に行こうが中国の大学に行こうが同じなのですが。世界のグローバル企業の課題は世界中にいる超優秀な人材を奪いあう全世界戦なのですから。

はい、これがこの20年間、日本、オランダ、アメリカで学び、働いてきた私の感想です。7つのスキル。

@プレゼンテーション能力
Aデベート能力
Bカレッジレベルのエッセイライテング
C長時間のリスニング力
D超、長文読解力
E社交能力
Fリーダーシップ力

このトピックを書きたくなったのは日本にあるアメリカ大学進学をサポートする予備校に対する不信感からです。だってほとんどの
予備校ではシステマテックに動いているだけの感じがするからです。

彼らには日本の子供たちを心から育てよう!という愛情や気合いが見えません。

彼らは長年培ったやり方でTOEFL, SAT,application essayをシステマテックに教えているだけのような気がしてならないからです。
(私の思い違いだったらすみません!もちろん、もしかしたら彼ら予備校経営者たちはTOEFL, SAT,application essay以上のことを教えれば大変な時間とお金がかかると思っているからかも知れません。)

この予備校の経営者たちは日本の高校生たちがアメリカの大学に行ってどうなっているか気にしないのでしょうか。

もちろん、日本でアメリカンスクールやインターナショナルスクール以外で学んでいる普通の日本の中学生や高校生たちにとってTOEFL, SAT,application essayなどを学ぶだけで手一杯なのだと思います。

でもね、私はこう思う。外国に住む日本人駐在員子女のなかには
英語(現地語)も日本語も完全にバイリンガル、バイカルチャルになっている子たちがいる。

イングリッシュビタミンのシリコンバレー校ではこういう子供たちをチーム編成で育てきました。校長の私、アメリカ人のママ先生、英語の先生、文法の先生、メンターというチーム編成で。

彼らは昼間は現地校、週に何度かは日本人学校にも通っています。

だからね、私は断言できる。日本にいても本人のやる気、家族の支援、質の高い講師チームを探し、「私はグローバルな世界に挑戦する!」という信念を持てば必ず日本にいてもアメリカの名門校を目指せます。

アメリカの名門校に行けば世界から優れた学生が集まる。そこで
学び、遊び、一生の友を作る。勉強に研究に思い切り浸る。
今の日本がダメなのは政治や経済の世界のトップが世界のトップの
人たちと心の交流が出来ないから。

今のような時代の転換期には特に繰り返し繰り返し基礎を学び、哲学を学び社会的に正義のある生き方を学ぶ道を貫くべきだと私は思います。

優秀な先生に付きまずは1対1で週に2〜3時間学んでいき、冬休み、夏休み、春休み、三連休などはスモールグループ学習でプレゼンテーション、デスカッションを学んでいけば良いのです。

まずは必ず1対1が良い。基礎をしっかりと学びその後は
3人くらいのスモールグループで習えば大丈夫。
こうすればレッスン料も随分下がる。

日本に住んでいても自分の気持ち1つでどうにでもなるのですよ!
みなさん!!

アメリカの大学進学を希望しているみなさん、イングリッシュビタミンでは来月11月より毎月フィロソフィーのセミナーを開催します。

スモールグループで10人くらいの生徒さんと日本語と英語で
哲学、フィロソフィーについて語り合いたいと思います。

講師もアメリカのイェール大学で哲学と政治学を二重専攻している
クリストファーと私が直接担当します。彼は完全なる日本語と英語のバイリンガルです。

ハーバード大のサンデル教授の「白熱教室」のファンの方には
特におすすめです!

このフィロソフィーのセミナーにお越し下さればアメリカ学部留学の情報などもお答えできます。気軽にお越し下さい。

毎回2時間で1回3000円と参加しやすい額にしました。


詳しくはこちらをご覧下さい!


Design Your Own Future Presents
Tokyo Philosophy Symposium
幸せのレシピ:“Light, Truth & Wine”
Winter 2010


第一回
November
@11/26/2010, Fri 19:00~21:00、六本木シンフォニーサロン
A11/27/2010, Sat 16:00~18:00、
イングリッシュビタミン浦和クラス JR浦和駅東口前

幸せのレシピ探し:理性の限界と、人生の「意味」
Light and Darkness: Reason and the limits of “progress”

*しあわせって、計れる?
*理性はいつも正しい? Should we trust emotions?


第二回
* December  12/11/2010 Sat, 16:00~18:00、
イングリッシュビタミン浦和クラス

神道とキリスト教:なぜ日本は「曖昧」なのか
Shinto & Christianity: why Japan can’t make bold decisions

*「日本株式会社」って、実は神道?
*山の神、川の神、森の神:決断は、誰?
*とても分かりやすいキリスト教 、異文化の不思議


第三回
*December 12/18/2010, Sat, 16:00~18:00、
イングリッシュビタミン浦和クラス

「うつくしい」って何?:目に見えるもの、見えないもの
Art, Love and Beauty: the seen and the un-seen

*花と、花を描いた絵画:美しいのはどっち?
*「愛」と「美」の違いは?

各シンポジウムは1.5時間を予定しています。(デスカッション後講師と直接話せる機会があります。)
*3000 yen (max 15 people)

DISCUSSION LEADERS
Christopher Gibson, Philosophy and Political Science major at Yale University
Chief Operating Officer, English Vitamin Inc.

Ruriko Yamaki, Cross-cultural Consultant
CEO, English Vitamin Inc.

お問い合わせ: イングリッシュビタミン(株)
浦和事務局:
048−824−6552/080−3424−2419
info@englishvitamin.com

アメリカの大学に進学を希望している人たちはぜひこの機会に
私たちに会いに来て下さい!








2010年07月20日

Real Beauty 003

アメリカ学部留学を目指すならイングリッシュビタミン!

イングリッシュビタミン代表の八巻ルリ子です。

アメリカに留学し楽しい学生生活を過ごすにはアメリカの文化や習慣を学ぶことが大切です。

アメリカの8才〜13才くらいの女の子たちは成長過程で一番大切な心の持ち方を両親や祖父母そして親戚の叔母さん叔父さんから学びます。

あなたたちは日本で日本の文化や習慣を身につけています。

これから毎週私がアメリカの価値観をここでアメリカンガールというアメリカの雑誌から引用して説明していきます。

現在の自分の姿と照らし合わせて考えて見て下さいね!

Real Beauty
page 10
American Girl

american girl51F4P1KCF1L._SL500_AA240_.jpg

©American Girl, LLC

http://www.amazon.co.jp/Real-Beauty-Great-American-Library/dp/1584859083


Praise people for what they can do, not just for how they look. Compliment a friend today on something other than her appearance.

だれかを褒めるときには彼らの行動や態度を褒めましょう。
見た目だけを褒めたりしないで。今日友達を褒めてみましょう。
彼女の服装やメイクなど見た目ではない何かを。


日本もアメリカも都会に行けば行くほど人々は見た目を気にし
ファッションに対する意識も強くなります。

アメリカの女子大生は日々の生活ではお洒落をしていません。
そんな暇がないのです。名門校に行けば行くほど勉強は大変だし
お洒落するのは特別なパーティに限定されます。 

日本の大学生の女の子たちはどうでしょうか? 横浜や東京、大阪、神戸など大都市圏では毎日綺麗にメイクして着飾って
いる女子大生が多いよね。

日本人の女の人全体がとても見た目を気にしてハイヒールや化粧
ファッションに気を使っている。これは日本の文化。

見た目は働くようになればいくらでも磨けます。

まずは勉強、スポーツ、芸術などに触れて中味を磨きましょう!!

2010年07月07日

Real Beauty 002

アメリカ学部留学を目指すならイングリッシュビタミン!

イングリッシュビタミン代表の八巻ルリ子です。

アメリカに留学し楽しい学生生活を過ごすにはアメリカの文化や習慣を学ぶことが大切です。

アメリカの8才〜13才くらいの女の子たちは成長過程で一番大切な心の持ち方を両親や祖父母そして親戚の叔母さん叔父さんから学びます。

あなたたちは日本で日本の文化や習慣を身につけています。

これから毎週私がアメリカの価値観をここでアメリカンガールというアメリカの雑誌から引用して説明していきます。

現在の自分の姿と照らし合わせて考えて見て下さいね!

Real Beauty
page 8
American Girl

今日は、自分がどんな人なのか形容してみましょう。


List five words to describe yourself.

The trick-do not describe any physical features and use words other than "nice"! Some creative words to choose from
could be:

外見じゃなくてあなたの中味を形容してみて。

strong
bright
loving
fast
artistic
rare
warm
assertive
playful
kind
silly
hardworking
curious
adventurous
musical
funny
sensitive
goofy

あなたは一言でいうとどんな人ですか?

I am.....


私はこんな感じです。


I am adventurous.
I am studious.
I am thoughtful.


私は結構冒険家。
新しいことにいろいろチャレンジするし、
決断も早い。

私は結構勉強家。
私がはじめてアメリカの大学に入学したのは24才のとき。
そして次にアメリカの大学で勉強したのは私が37才のとき。
この時は夫の駐在で赴任していたシリコンバレーで通いました。
社会学、哲学、スピーチコミュニケーション、アメリカ歴史、
みなとても楽しかった!

私は結構やさしい。
私はいつも自分より相手のことを先に考えるタイプ。
でも夫にはいつも甘えてしまいわがままになってしまいますー
なんだ〜半分優しいだけか!



2010年06月30日

Real Beauty 001

アメリカ学部留学を目指すならイングリッシュビタミン!

イングリッシュビタミン代表の八巻ルリ子です。

アメリカに留学し楽しい学生生活を過ごすにはアメリカの文化や習慣を学ぶことが大切です。

アメリカの8才〜13才くらいの女の子たちは成長過程で一番大切な心の持ち方を両親や祖父母そして親戚の叔母さん叔父さんから学びます。

あなたたちは日本で日本の文化や習慣を身につけています。

これから毎週私がアメリカの価値観をここでアメリカンガールというアメリカの雑誌から引用して説明していきます。

現在の自分の姿と照らし合わせて考えて見て下さいね!

No one's smile shines exactly like yours.



Real Beauty
ameriecangirl.com



No one's smile shines exactly like yours.

意訳
誰一人として同じ笑顔を持つ人はいないの。

つまりあなたの笑顔はあなただけのもの。
あなたにはあなたにしかない素晴らしい笑顔があるの。
と言う意味。

アメリカでは一人ひとりがユニークな個性を持ち自分の
スタイルを確立することが良しとされています。

子供のころから人まねではなく自分の考えを持ち
自分で考え動くことが生活の基本になっている国、
それがアメリカです。

4552165359_a45031cacd_m.jpg


動く単位が一人なのです。
日本ではどうでしょうか?

アメリカ留学をするということは自分を持ち
元気にみんなの中に積極的に入ることが必要となります。

トーフルやSATの点数のみあげてもそれはあくまでも
ハードウエアのみです。

ハードウエアのみではパソコンは起動しません。

あなたの個性豊かなオリジナルソフトウエアが必要と
なります。

自分がない人はアメリカに留学してもとてもつまらない生活になってしまいます。

大切なのは受験テストだけの点数ではありません。








Powered by さくらのブログ