topimg.jpg
2011年春休み高校生向け アメリカで高校生になってみよう! 2011年春休み短期留学はこちら! 2010年の留学レポートはこちら!

2009年07月27日

生徒さんとお母さんの声〜東京校編

───── Sさん(2009年3月都立広尾高校卒業、現在はカリフォルニア州シリコンバレーにある
De Anza Collegeに留学中)


私は週に1回、SkypeでEllenとのレッスンを受けています。2月から始めたので、4ヵ月間English Vitaminで学んでいることになります。

ルリ子さんとカリフォルニアで偶然お会いしたのがEnglish Vitaminを始めたきっかけです。その頃、私は他の英語教室に通っていて、その時は満足だったし、クラスでやったことは今に大きく生かせていると確信していますが、単語覚え・ドリルを解くこと・essayを書くことは分からないところや、grammaticalな間違いを教えてもらうこと以外は全て家で自分でできることでした。

ルリ子さんと初めてお会いして2年後、高校3年生の冬English Vitaminでlessonを受けられるかメールで尋ねたところ、Ellenとのレッスンを勧められました。最初はコンピュータを通じてのlessonはしたことがなく、直接授業を学校で受けるより少し劣るだろうなと正直不安に思っていましたが、Ellenとの授業は私の勉強方に合っていました。

他の英語教室で気に入った勉強法は自分で続けつつ、essayやresearch paper、英語全般で分からないところはEllenに聞くという形式の授業を受けさせていただいています。それだけではなく、ニュースの話題、1週間どのように過ごしたかや、映画、スポーツのことについても話が盛り上がります。英語で話をしていて文法がおかしかったりすると、そっと言い直してくれるので、間違えても良いから、沢山しゃべろうという気になります。Ellenも自然に接してくれるので、親近感がわきます。

しかし、lessonを受けていて思ったのは、ほとんどEllen(講師)に何をやるかというのを細かく指定されないことです。自分で最近のニュースについて話をしたかったら自分から切り出し、essayの内容も自分で考えます。宿題もかならずやってきなさいとも言われないので、すごく個々のやる気に左右されると思います。そこが他の語学学校と異なるところだと思います。ほとんどの英語教室は、宿題が決められていてやる気に構わず、生徒が先生に教えられているというのがありますが、English Vitaminは自分から学びにいかなければ、身につかない。しかし、このような束縛感のないlessonは逆に自分ができる最高のところまで先生の助けをかりながら頑張ろうという意欲を起こしてくれます。

私は短時間しかレッスンを受けていませんが、レッスンの質が良く中身が濃いので、予習復習をすればもっと自分の中でレベルアップができると思います。English Vitaminでは自分の英語を学びたいという意欲次第で身につくものが大きく変わってくると思います。


───── Sさんの母

娘がアメリカに留学することになり、English Vitaminにレッスンをお願いしました。

私が大変心強く思っている点はコンサルタントのルリ子さんが、アメリカで生活する際に英語と同じ位、またはそれ以上に重要な「自ら行動できる力」「ポジティブな気持ちの持ち方」「まわりの人とのいい人間関係の築き方」を大切にされているところです。

受講される方の目的は様々だと思います。また子供たちの生活も忙しくなり、英語の勉強時間も限られてきますがEnglish Vitaminのレッスンは世界へと視野を広げてくれます。ぜひ一度ルリ子さんのしなやかで臨機応変なカウンセリングを受けられることを心からおすすめします。
posted by Ruriko at 16:51| 体験者の声

生徒さんとお母さんの声〜シリコンバレー校編

───── Lさん(2009年6月Monta Vista High School卒業、2009年7月現在は日本に帰国。2009年9月慶応大学法学部に入学が決定)

私はアメリカの高校で4年間過ごしましたが、高校生活を充実させる上で English Vitamin にはとてもお世話になりました。英語は、中学校で一年半ほど学んだだけでしたので、私にとって、英語で学校生活を送るのは並大抵のことではありませんでした。

私の英語力のことで厳しい言葉を人から貰い、ずいぶん落ち込んだこともあります。そんな時、私の一番の助けとなったのが English Vitamin の先生でした。私の先生はとても良い人で、学業面では、宿題で解からないところなどを丁寧に説明してもらい、エッセイもより適切な表現になるよう、細部にわたってアドバイスを頂きました。生活面でも、文化の違いにとまどってしまった時には、相談にのってもらい、アメリカでより暮らしやすくなるよう面倒をみてくださいました。

English Vitamin を始めてから、私の英語力はぐんぐん伸び、そして、自分に自信がつきました。お陰様で、今年無事に高校を卒業することが出来ました。

私がもし English Vitamin に出会わなければ、おそらく今ほどの成功は望めなかったでしょう。わたしを助けてくださった先生、そして彼女を私に紹介し、相談にのってくれたルリ子さん、本当にありがとうございました。


───── Lさんの母

2005年の渡米以来、娘は約4年間イングリッシュビタミンの先生にお世話になりました。

それまで海外生活の経験がなく、中学2年生の8月、渡米して1ヵ月も経たないうちに、現地の高校生になったわけですから、娘は英語についてはもちろんですが、文化の違いに大きな戸惑いを持ちました。そんな状況の中、なんとか娘をサポートしていただける家庭教師の先生がいらっしゃらないかと思い、イングリッシュビタミンのルリ子さんにご相談をして、結果、すばらしい先生をご紹介してくださいました。

ルリ子さんとは、シリコンバレーに住んでから、イングリッシュビタミンのホームページを知ったのがきっかけで、それ以来のお付き合いとなります。

最初にお会いした時、ホームページで紹介されていた生徒さんの声のとおりの方だなと思ったのが第一印象です。こちらがどのようなことを勉強したいのか熱心に話を聞いてくださり、またその目標にあわせた勉強方法を一緒に考えてくださいました。子供と直接話しをし、娘の本当の気持ちを聞き出したうえで、娘に合った先生や勉強方法を考えていただけたことは、とても助かりました。

娘の通った学校は、学区の中でも特に勉強に厳しい学校でしたので、多くの宿題が出されました。エッセイの提出も多く、先生には文法のチェックはもちろんのこと、表現方法も教えていただいておりました。

昔の話になりますが、勉強以外にもこんなことがありました。
娘が学校の授業でプレゼンテーションをする時に、使おうとした自分のパソコンの調子が悪く、良いプレゼンテーションができなかった時、学校の先生から It's a shame. と言われました。娘は、shame は、恥ずかしい思いという意味があることは知っていたので怒られたと思い、とても落ち込んで帰ってきました。その後、イングリッシュビタミンの先生にその話をしたところ、それは残念だったねという意味で言ったことを教えていただき、安堵した思い出があります。

親だけでは支えられないアメリカの文化と言葉の違いを先生やルリ子さんが上手にサポートしていただいたおかげで、娘はアメリカの高校を無事に卒業できたのだと思っています。

posted by Ruriko at 16:42| 体験者の声
Powered by さくらのブログ