topimg.jpg
2011年春休み高校生向け アメリカで高校生になってみよう! 2011年春休み短期留学はこちら! 2010年の留学レポートはこちら!

2010年07月20日

Real Beauty 003

アメリカ学部留学を目指すならイングリッシュビタミン!

イングリッシュビタミン代表の八巻ルリ子です。

アメリカに留学し楽しい学生生活を過ごすにはアメリカの文化や習慣を学ぶことが大切です。

アメリカの8才〜13才くらいの女の子たちは成長過程で一番大切な心の持ち方を両親や祖父母そして親戚の叔母さん叔父さんから学びます。

あなたたちは日本で日本の文化や習慣を身につけています。

これから毎週私がアメリカの価値観をここでアメリカンガールというアメリカの雑誌から引用して説明していきます。

現在の自分の姿と照らし合わせて考えて見て下さいね!

Real Beauty
page 10
American Girl

american girl51F4P1KCF1L._SL500_AA240_.jpg

©American Girl, LLC

http://www.amazon.co.jp/Real-Beauty-Great-American-Library/dp/1584859083


Praise people for what they can do, not just for how they look. Compliment a friend today on something other than her appearance.

だれかを褒めるときには彼らの行動や態度を褒めましょう。
見た目だけを褒めたりしないで。今日友達を褒めてみましょう。
彼女の服装やメイクなど見た目ではない何かを。


日本もアメリカも都会に行けば行くほど人々は見た目を気にし
ファッションに対する意識も強くなります。

アメリカの女子大生は日々の生活ではお洒落をしていません。
そんな暇がないのです。名門校に行けば行くほど勉強は大変だし
お洒落するのは特別なパーティに限定されます。 

日本の大学生の女の子たちはどうでしょうか? 横浜や東京、大阪、神戸など大都市圏では毎日綺麗にメイクして着飾って
いる女子大生が多いよね。

日本人の女の人全体がとても見た目を気にしてハイヒールや化粧
ファッションに気を使っている。これは日本の文化。

見た目は働くようになればいくらでも磨けます。

まずは勉強、スポーツ、芸術などに触れて中味を磨きましょう!!

アメリカのレストランメニューには写真が 載っていないことが多いのだ。

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表の八巻ルリ子です。

みなさんの夏休みはうはじまりましたか?

私は23日の金曜日から8月4日までカリフォルニアに行ってきます。
今回はロスアンジェルスに入り、サンデエゴ、ヨセミテ国立公園、そしてシリコンバレー(ナパバレーにも行きます〜)に行きます。

たくさんの友達と会うことになっていて毎日色々なメールが
二週間前から行き来しています。

今朝はシリコンバレーにいる仲良しのユキちゃんからメールが
入りました。ユキちゃんとはナパバレーに行きます〜

ナパバレーに行くならどこか美味しいレストランでランチをしよう!とのお誘いでした。

今回ユキから推薦があったのはこのレッダ(REDD)というお店。
どんなメニュがあるのかな?と思いお店のウエブサイトをのぞいて
みました。

http://www.reddnapavalley.com/dinnermenu.html
(フロントページ)
http://www.reddnapavalley.com/documents/menus/lunch.pdf
(ランチページ)

ランチページを見ると分かりますがアメリカのレストランのメニュには商品の写真が載っていません。

アメリカに観光で来る日本人たちを悩ませる一つがこのアメリカの
メニュです。

土地勘がない上に英語もイマイチ、その上写真もないなんて
困り果てますよね?

例えば、このランチメニュの八番目にあるこれがどんな料理か
分かりますか?

Crispy calamari, cayenne salt, tamarind sauce, vitenamese dressing 12

Crispy calamari,
cayenne salt,
tamarind sauce,
vitenamese dressing
12

好奇心のある人はグーグルで一つずつ検索してみてね!

検索しても出てこないものもあるのでそれはここでお知らせします。

最後の12の意味は、この料理の値段です。
つまり12ドルということです!!






posted by Ruriko at 14:44| 日米異文化日記

2010年07月12日

礼にはじまり礼に終わる。美しい日本の伝統高校野球

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表で日米異文化コンサルタントの
八巻ルリ子です。

みなさんの家族や友達に高校球児はいますか?

私の可愛い甥っ子はその一人です。

365日のうち、休みは盆と正月だけの厳しい練習。
朝6時半ころ家を出て帰ってくるのは夜の9時。
本当に大変だ。親も食事の用意や泥まみれのユニフォームを
洗濯する日々。


今日彼の高校は埼玉県大会の第一回戦に登場しました。

最後まで一点を争う良い試合でした。

そして最後の最後に逆転負けをして涙の一回戦敗退に
なりました。


彼らの試合は上尾市民球場で行なわれました。

私は試合の行方がとても心配だったのでテレ玉(テレビ埼玉)
をつけたままヨガをしていました。

テレ玉では名門の上尾高校と上尾橘高校の試合が流れていました。

55−0で上尾高校のコールド勝ち。

試合の最後にアナウンサーさんが言った一言に涙してしまった
私です。

「礼にはじまり、礼で終わる。それが高校野球です。」、

なんと美しいのかと。

もちろん、こんなに大きな得点差があるのは理由がある。

上尾橘の方は部員数が足りなく去年は大会に出場することが
できなかったそう。

今年はやっと出場に必要な部員数が揃って大会に出ることができたそう。

だからなのか橘高校のベンチ側にはあまり落胆した様子は見られなかった。

あまりに力が違う強豪上尾高校と戦えたことは彼らにとって何かを
感じる機会になってくれたらと思う。

もちろん勝負は勝たなければ意味がないので勝ちに行かなければ
いけない。

でもアナウンサーさんが言ったように「礼にはじまり、礼に終わる」はどんな場面にでも有効だ。

偏差値ばかりの馬鹿な日本の教育に翻弄され受験勉強ばかりして(させられて)いる礼儀をしらないもやしっ子たちよりも社会にでたときにはこの「礼にはじまり、礼に終わる」人としてのなりの
方が一万倍大切だ。

その理由は日本の大学(特に私立)では社会にでる準備をする力もないし環境もないからだ。受験に受かっても意味がないのに。

だから私は願う。

せめて学生のうちに勉強ばかりしていなにで、礼儀を学び、人を敬う気持ち、相手を大切にする気持ちを養って欲しい。そしてチームのために戦う気持ちを体験して欲しい。部活、アルバイト、ボランテイア、なんでもいいから人と交じり合い競争し礼を持って仲間と付き合って欲しい。

人としての礼儀があればそれは日本で教育を受けている子供達に
とってはとても貴重な教育だと思う。

素直で人間であれば勉強は大人になつてもいくらでも出来るの
だから。
posted by Ruriko at 19:56| グローバル時代に生きる

2010年07月07日

Real Beauty 002

アメリカ学部留学を目指すならイングリッシュビタミン!

イングリッシュビタミン代表の八巻ルリ子です。

アメリカに留学し楽しい学生生活を過ごすにはアメリカの文化や習慣を学ぶことが大切です。

アメリカの8才〜13才くらいの女の子たちは成長過程で一番大切な心の持ち方を両親や祖父母そして親戚の叔母さん叔父さんから学びます。

あなたたちは日本で日本の文化や習慣を身につけています。

これから毎週私がアメリカの価値観をここでアメリカンガールというアメリカの雑誌から引用して説明していきます。

現在の自分の姿と照らし合わせて考えて見て下さいね!

Real Beauty
page 8
American Girl

今日は、自分がどんな人なのか形容してみましょう。


List five words to describe yourself.

The trick-do not describe any physical features and use words other than "nice"! Some creative words to choose from
could be:

外見じゃなくてあなたの中味を形容してみて。

strong
bright
loving
fast
artistic
rare
warm
assertive
playful
kind
silly
hardworking
curious
adventurous
musical
funny
sensitive
goofy

あなたは一言でいうとどんな人ですか?

I am.....


私はこんな感じです。


I am adventurous.
I am studious.
I am thoughtful.


私は結構冒険家。
新しいことにいろいろチャレンジするし、
決断も早い。

私は結構勉強家。
私がはじめてアメリカの大学に入学したのは24才のとき。
そして次にアメリカの大学で勉強したのは私が37才のとき。
この時は夫の駐在で赴任していたシリコンバレーで通いました。
社会学、哲学、スピーチコミュニケーション、アメリカ歴史、
みなとても楽しかった!

私は結構やさしい。
私はいつも自分より相手のことを先に考えるタイプ。
でも夫にはいつも甘えてしまいわがままになってしまいますー
なんだ〜半分優しいだけか!



Powered by さくらのブログ