topimg.jpg
2011年春休み高校生向け アメリカで高校生になってみよう! 2011年春休み短期留学はこちら! 2010年の留学レポートはこちら!

2009年10月30日

アメリカで高校生になろう!2010年春休みアメリカ高校体験&ホームスティ さいたま市浦和合同説明会のお知らせ 2009年11月7日、8日、22日

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表で日米異文化コンサルタントの
八巻ルリ子です。

今日の東京は雲一つない快晴でとても気持ちが良いです。


EV5周年.jpg

今日はお知らせです。

シリコンバレーにある名門進学校であるメンロースクールと
共同企画・運営する春休みアメリカで高校体験&ホームスティ
10日間の旅の合同説明会を以下の日程で開催します。

日時:
11月7日(土)午後6時〜8時
11月8日(日)午後1時〜3時
11月22日(日)午後1時〜3時

会場:レンタルスペースホーリー
JR浦和駅東口徒歩1分
さいたま市浦和区東仲町1−23
浦和駅東口石井ビル3F

合同説明会・個別説明会は東京北青山(銀座線外苑前)
セルリアンタワー東京ホテル(渋谷)でも行ないます。

旅行特徴、旅行概要、日程、問い合わせ先など詳細はこちらをご覧下さい。

http://www.englishvitamin.com/abroad2010/briefing.html

尚、当日合同説明会、個別説明会にお越しの方には
私がはじめて書き下ろした書籍「アメリカ人に気持ちを伝える
トレーニング」をプレゼント致します!

514CKTPGMNL._SL500_AA240_アメリカ人に.jpg
posted by Ruriko at 21:32| 春休み短期留学

2009年10月27日

今日は、中国のトイレ事情

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表で日米異文化コンサルタントの
八巻ルリ子です。

今日は、中国のトイレについて少し話したいと思います。

夫が先週、先々週と二週間中国のシンセン(香港の近く)の自社工場に行ってきました。

夫は日本式のトイレが苦手な人なのですが、今回この中国工場のトイレ事情には泣きが入ったそうです。

その理由として

トイレットペーパーが各トイレに配置されていない。

トイレの紙はトイレの入り口に置かれ必要な人だけが取り
各トイレに持ち込むとのこと。

つまり、男性の場合は、小をする場合には紙を必要としないため
大をするときに限り紙をゲットするので、大をしにいくと
明言しているようで恥ずかしかったそうです。

中国人は排便は体から出すことで、食べることと同格だと考えるそうです。つまり体に物を入れるから出る。自然な流れなので
恥ずかしいことはない。

所変われば品変わる。

これがグローバル時代に生きると言うこと。

でした!
入れる事と

posted by Ruriko at 19:38| グローバル時代に生きる

2009年10月14日

シリコンバレーと東京都市圏のおトイレ事情について

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表で日米異文化コンサルタントの
八巻ルリ子です。

今日は、シリコンバレー地区と私の日本での行動範囲である
東京都市圏のおトイレ事情を比較してみたいと思います。



「シリコンバレー地区のおトイレ事情」


バレーフェアトイレ.jpg

シリコンバレー(サンノゼ市)にあるValley Fair ショッピングモール内にあるトイレ・手が簡単に出し入れできるようになっている!

シリコンバレーはアメリカ国内でも最も衛生面が良いエリアだと
思います。(私はシリコンバレーに2001年〜2008年まで住んでいました。現在は年に数回出張べースで行っています。)

シリコンバレー在住時に駐在員妻仲間の尚子ちゃんが住む
ニューヨーク(マンハッタン)に何度か遊びに行きました。
2004年、2005年のことです。

シリコンバレーの空港、サンノゼ空港のトイレはトイレに
カバーシートはあるし、手洗い用の石けんも泡がきちんと
でるものでした。(2009年現在もそうです!)ハンドドライヤー(手を乾かす機械)のパワーも強くすぐ乾きました。

ニューヨークのJFK空港のトイレはトイレシートもなく、
石けんはなかったように思います。私は尚子ちゃんの家に
ついて何度も手を洗った記憶があります。

シリコンバレー全体(サンタクララ群、サンマテオ群共に)
のレストラン、ショッピングモール等には必ず液体の石けん、手を乾かすペーパーかハンドドライヤ設置されています。

これは衛生局が厳しく管理していることと、シリコンバレー全体として高給取りが多く衛生面に配慮していないお店は嫌われるからです。

また、病院やクリニック(開業医)にも必ずきれいなトイレが
あります。もちろん石けん、手を拭くペーパーかハンドドライヤが備え付けされています。

シリコンバレーの公共で好きな私のトイレはオルガニック食材を扱うThe Whole Foods Marketのトイレ。アロマの石けんに洗った後の手が乾燥しないように用意されたモイスチャライザ。
http://www.wholefoodsmarket.com/stores/cupertino/



「日本、東京都市圏のおトイレは?」



さて、東京都市圏の感想ですが、残念ながらシリコンバレーよりも
衛生面で劣っているとしか言いようがありません。

レストラン、高級デパート(伊勢丹)、病院やクリニックまで。
たとえ石けんを置いてあるところでもその石けんが薄めてあって
泡も立たなかったりもします。

また液体ではなく泡がでるものもありますがばい菌をとる力が
ないようなものが多いです。

私は毎日のように浦和の伊勢丹に食料品を買いにいきますが
回りの人びとはトイレ使用後に石けんをつけて手をあらいません。

浦和地区にあるクリニックにも3件行きましたがそのうちの
2件はトイレに石けんが配置されていませんでした。

日本で私が好きなトイレは浦和パルコ内にあるユナイッテドシネマ。石けんがいい!

パルコ映画館トイレ.jpg

浦和パルコ内にある
ユナイテッドシネマにあるトイレ





posted by Ruriko at 16:51| 日米異文化日記

2009年10月13日

英語の壁を破る:その@「基本の5つの英語の文章パターン」を暗記しよう!

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表で日米異文化コンサルタントの
八巻ルリ子です。

浦和校は中学生と高校生を対象にレッスンを提供していますが
最近の学校英語には文法の時間が少ないとのことで私は少し
心配しています。

もちろん、難しい文法用語など覚えることはありませんが
今日お話しする5つの基本英文のパターンを暗記しなければ絶対に英語は理解できません。

その理由はこれらの短い基本的な文章パターンを組み合わせネイティブ達は文書を作り、話をしているのですから。

文法は本当にたくさん暗記しなければいけないことが
あって一朝一夕には絶対に覚えられないので何度も繰り返し読んで、書いて、聞いて、話して練習するしか身につく方法はありません。

ですから何度忘れてもめげないで下さいね!

現代英語の中で最も使用されているのは次の5つの文章のパターンです。



パターンその1→→→

@ Takeshi is an English teacher.
剛司は英語教師です。

@主語の剛司が来て、ABe動詞が来て、B名詞補語がきます。
このパターンでは主語=英語教師だということを表しています。
(@Subject/ALinking verb/BNoun complement)

英語ではBe動詞のことをLinking verb、つまり繋ぐ動詞(連結動詞)と呼んでいます。その理由は主語=Bの名詞補語か形容詞補語がくるからです。


パターンその2→→→

A Takeshi is smart.
剛司は賢い。

@主語の剛司が来て、ABe動詞が来て、B形容詞補語がきます。
(@Subject/ALinking verb/Badjective complement)


パターンその3→→→

B Takeshi teaches English.
剛司は英語を教えています。

@主語の剛司が来て、A動詞の教えるが来て、B目的語の英語がきます。
(@Subject/AVerb/BObject)

パターン3の目的語になるのは常に名詞か代名詞です。
例文を見てみましょう!

I ate beef.(beefは名詞)
I kicked the ball.(ballは名詞)
She hit him.(himは代名詞)

名詞や代名詞は後日「品詞」を学ぶときに詳しくお話ししますね。



パターンその4→→→

Takeshi gives students homework.

剛司は日常的に生徒たちに宿題を出します。

@主語は剛司、A動詞の出す、B宿題をもらう人=生徒、C宿題
(@Subject/Averb/Bindirect object/Cdirect object)


パターンその5→→→

Takeshi works.

剛司は働いている。

@主語は剛司、A動詞の働く。

(@Subject/Averb)


これらの5つの例文をまずは10回音読する。

次に自分のケースに合わせて書き直して見て下さい!

今後は自分書いた文書を10回読んで見て下さいね!


Takeshi is an English teacher.
Takeshi is smart.
Takeshi teaches English.
Takeshi gives students homework.
Takeshi works.


グローバル時代には簡単な英語で自分の意志を相手に
伝えることがとても大切になります。

流暢でなくとも中身の濃い意見を言えるようになることが
大切です。

がんばりましょう!




posted by Ruriko at 23:00| 英語の壁を破る!

2009年10月08日

日本語には「No」が存在しない?

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表で日米異文化コンサルタントの
八巻ルリ子です。

今日、友達のNさんから電話があり「日本語の会話って
イエスはあるけど、ノーをダイレクトに言うというのはやはり
ないのかな?」と聞かれました。


Nさんとはアメリカに暮していたころに出会い、今は私もNさんも
日本で暮しています。 Nさんには持病があってアメリカにいた時も現在もお薬を飲んでいます。

最近日本の先生が彼のお薬の量を減らしました。その結果彼の
持病の数値は少し悪化してしまいました。

そこでNさんは先生に薬の量をアメリカにいたときと同じ量に
まずは戻して欲しいと丁寧にお願いしたそうです。

しかし先生は日本医療でのスタンスを優しく説明し
日本で出せる薬の上限がアメリカとは違うと丁寧にいろいろ説明してくれたそうです。

Nさんは日本人なので「薬の量は増やせません。」という明確な
言葉を聞かずとして先生の意味を理解できました。

それはNさんは日本人だからのなにものでもないのです。

日本語では相手に対してダイレクトに物を申すのは無礼という
習慣があります。

ですから「それはちょっと」とか「難しい」とかいいます。

しかし、この日本語をそのまま英語に置き換えただけでは
日本文化を知らない英語ネイティブにNさんの先生のニュアンスは
通じません。

英語では、まず

@それは出来ないという。
(これを言わないとピンとこない)

Aその理由を話す。

BAの理由を裏付ける証拠(数字とか科学的なデータとか)を
説明する。

この@、A、Bを感じよく明確に話すことが英語の文化では
大切です。

言語を正確に学ぶには学習する言語の「文化」&「習慣」を
学ばなければならない。 英語の場合もまた同じ。

2FerryBuilding.JPG

@サンフランシスコのフェリービルデング
アメリカ人って大抵の人がサバサバしているのよ。



しかし、先週のオリンピック招致の件があってから、私の頭に
あるのは日本人は英語しかみていないということ。

日本人は英語さえ喋れればグローバルしていると思っている。

きっとオリンピック招致のときも東京オリンピック招致組は
会場で日本人だけでまとまり、社交の場でも蚊帳の外だったの
だと思う。

何度もブログのなかで言い続けているけれど、グローバルスタンダードで輝くためには「一人で動き、一人でたくさんの人と心を
通わせ心をつなげること。」。
posted by Ruriko at 23:37| 日米異文化日記

2009年10月04日

シリコンバレーのハローウィンをご覧ください!

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表で日米異文化コンサルタントの
八巻ルリ子です。


今晩は中秋の名月ですがみなさんはご覧になりましたか?

とっても綺麗ですよね?

シリコンバレー校で作成されたハローウィンのビデオをお楽しみ下さい!

ここをクリックして下さい:
http://www.englishvitamin.com/podcast/tv/04/1116.html


11_39_2---Halloween-Pumpkin_web.jpg
posted by Ruriko at 20:59| 日米異文化日記

2009年10月02日

三科怜咲さん、15才日本人女の子がオバマ大統領に勝った! オリンピック2016招致活動

みんさん、こんにちは!

今、私は日本人として興奮し感動しています!!!

2016年オリンピック招致活動の日本のスピーチで
スタートを切った15才の日本人の女の子(体操選手)が
アメリカ大統領オバマ氏を超えた素晴らしいスピーチを
披露したからです。

この名のない日本の15才の女の子の訴えが届かなかったら
おかしい。 

「私たち若い世代には心配ごとがたくさんある。環境に貧困。」

「そんな私たちに希望を下さい。」

「環境に配慮した地球に優しいオリンピックを2016年の東京からスタートさせて下さい!」


すばらしいスピーチだった!!

これがグローバル時代に生きる醍醐味だ。

無名であっても「情熱があり」「明確なビジョン」があれば
世界の人は注目してくれる。



彼女のスピーチに対し、オバマ大統領のスピーチはいわゆる予測できるものでインパクトに欠けていてつまらないものだった。


「私は熱狂的なオリンピックとパラレンピックのファンです。」

「人種のるつぼ、世界130カ国の人種が愛する町それがシカゴ」

「シカゴを選んで下さい。アメリカを選んで下さい。」





残念ながら東京代表団のスピーチはYouTubeにはあがっていませんでした。

無名の15才の日本の女の子と鳩山総理が明確なメッセージを世界に伝えてくれた今夜、日本人としてとても誇らしい日になった。

日本が未来のオリンピックの姿をリードする。

「環境」
「希望」
「世界平和」

これが日本からのメッセージだ。


〜イングリッシュビタミンからのお知らせ〜

カリフォルニアの名門ハイスクール”メンロースクール”
で学ぶ旅日程決定〜


menlo.jpg

■企画内容
* カリフォルニア名門中高一貫エリート養成校「メンロースクール」で高校生になる
* メンロースクール生徒宅ホームスティ
* 日米異文化コンサルタントが全工程同行の安心プラン
* シリコンバレー企業訪問(グーグル、アップル社予定)
* 世界遺産、ヨセミテ国立公園に滞在
* 渡米前後英語+日米異文化研修3回
* 定員6名までのエスコート留学

メンロースクールは、勉強・スポーツ・芸術などバランスが良い人材を育成する中高一貫の少人数制進学校です。
このような進学校をプレップスクールと呼び、卒業生の多くはハーバード大やスタンフォード大などへ進学しています。

■日程
2010年3月26日(金)〜4月4日(日)10日間

■対象
新高校1年生〜新大学1年生

■定員
6名

■参加費用
319,000円
【費用に含まれるもの】
成田サンフランシスコ往復航空運賃、滞在期間中の移動費、旅行日程中の英語、異文化研修費、アクティビティ費用、宿泊代、添乗員同行の費用、食事代(一部自費)
海外安全対応サービス、燃油サーチャージ

■企画・運営
メンロースクール 日本語科
株式会社イングリッシュビタミン

問い合わせ

(株)イングリッシュビタミン浦和校事務所
担当:八巻ルリ子(ヤマキルリコ)

問い合わせメール:
info@englishvitamin.com

048-824ー6552(浦和事務所)
080ー3424ー2419(八巻携帯)

浦和教室(JR 浦和東口駅前)
さいたま市浦和区東仲町1-23
石井ビル3F
posted by Ruriko at 22:28| グローバル時代に生きる

2016年オリンピック招致活動に見るミッシェル・オバマと石原東京都知事のロビー活動

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表で日米異文化コンサルタントの
八巻ルリ子です。

いよいよ日本時間の明日未明に2016年夏に開催されるオリンピックの開催国が決定します。

日本で生まれ育ちアメリカ暮らしが長い私に回りは「ルリ子さんはシカゴと東京どちらを応援しているの?」と聞かれます。

私の答えは「リオデジャネイロ」がいいと思う。
理由は、オリンピックの歴史上今まで南米で開催されたことがないから。世界平和が目的の祭典なのだから一部の地域だけではなく
南米にもその機会を与えるべきというのが私の個人的な意見です。

そして今日のトピックは「2016年オリンピック招致活動に見るミッシェル・オバマと石原東京都知事のロビー活動」です。

ロビー活動とは簡単に言えば自分が売り込みたいことを政治家や関係者に強く売り込むこと。

ミッッシェルは一人でコペンハーゲンに降り立ち、オリンピック委員会のメンバー達にシカゴを売り込んでいる。



CBSNews
はじめの1分間特に30秒あたりに注目して下さい!


一方、石原都知事は取り巻きを連れ少し切れ気味。日本のメデアに
石原知事自信の方はどうですか?と聞かれると「うるさい!」との一言。

「グリーン、環境オリンピックのさきがけを東京で!と訴えてくるよ!」くらい言って欲しかった。

石原さんは典型的な日本のオヤジなのだなと思った。
日本では偉そうなことを言っていても一歩日本の外にでると
一人では何も言えないし、戦えない様子で残念。

石原さんも日本語と日本文化習慣なら結構いけると思うのに。

グローバル時代には出身国に関係なく「一人の人間として一人ひとりと心が通じあうスキルを持つ人」が愛され信頼される時代。

残念ながら鳩山婦人はミッシェルと比較されるポジションまで
およんでいない。

鳩山婦人は英語が得意だそうだが、英語だけではグローバル時代に
輝けない。 一人で動けないといけない。

石原氏にしても鳩山夫人にしてもお膳立てされているメニュなら
こなせるのだろう。

今の日本人がグローバルなステージに参加する上で一番大きな
チャレンジは「一人で動ける力」。

これに限る。





posted by Ruriko at 12:57| グローバル時代に生きる
Powered by さくらのブログ